読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孫子の兵法の真実 2017最新まとめ

孫子の兵法の真実 2017最新まとめです。

孫子の兵法の真実 2017最新まとめ

孫子の兵法の真実 2017最新まとめ


誰も知らない「孫子の兵法の真実」


誰も知らない孫子の兵法の真実 パート2

 

孫子の兵法の最新セミナー

>>孫子の兵法の真実~400人セミナーを東京で開催!2017年最新

 

孫子の兵法を活用した歴史的偉人たち

約2500年前、中国・春秋時代の武将、孫武の尊称であり、孫武の残した兵法書である『孫子』についてまとめます。

古くは、中国三国志時代、蜀の宰相・諸葛亮孔明孫子を現在の1者にまとめ上げた魏の曹操、フランスの皇帝・ナポレオン、中華人民共和国初代国家主席毛沢東、戦国武将の武田信玄徳川家康日露戦争でロシアのバルチック艦隊を撃破した東郷平八郎など多くの歴史上の人物が『孫子』を愛読しています。

現在のビジネスパーソンでも、マイクロソフト社のビル・ゲイツソフトバンク創立者の孫正義も『孫子』を愛読し、経営やビジネスに活かしています。

古今東西で最高の兵法書、『孫子』の名言

最高の兵法書である『孫子』には、経営、ビジネスをはじめ、生活においても非常に役に立つ名言が多く残されています。

たとえば、以下のような名言はどこかで聞いたことがあるでしょう。

  • 彼を知りて己を知れば、百戦して殆(あや)うからず。
  • 算多きは勝ち、算少なきは勝たず。
  • 百戦百勝は善の善なるものにあらず。

これらは、孫子の兵法でも非常に有名な言葉で、孫子の本質をついています。

世間一般で、孫子の兵法といえば、すぐに戦争に勝つためにはどうするか?といった戦略思想が書かれていると思われがちですが、実はそうではありません。

本当の意味はもっと深いところにあるのです。